[ 新規に投稿する ]

コマンドラインパラメータでの「shell:」から始まるフォルダのオープNo.06993
さん 18/01/03 15:04 [ コメントを投稿する ]
   あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いいたします。

 さて、早速の質問で恐縮なんですが、「ファイル名を指定して実行」や外部のアプリケーションから秀丸ファイラークラシックのコマンドラインパラメータでフォルダを開こうとしたとき、フルパスでフォルダを渡したときはうまくいくんですが、「shell:」等から始まるフォルダを開こうとすると、うまく開くことができません。
 「ファイル名を指定して実行」から呼び出す際を例にすると、下記のような感じで指定しています。

"C:\Program Files\HmFilerClassic\HmFilerClassic.exe" /t "shell:Common Startup"

 以上、何か解決法があれば、お教えいただければ幸いです。
 よろしくお願いいたします。
[ ]
RE:06993 コマンドラインパラメータでの「shell:」から始まるフNo.06998
秀丸担当 さん 18/01/05 10:33 [ コメントを投稿する ]
 
「shell:」から始まるフォルダはアドレスバーの入力時は対応していました。
コマンドラインの場合は対応していませんでした。
コマンドラインでもできるようにしたいと思います。

ちなみに「shell:」というのはエクスプローラの独自の表現と思われ、現状の秀丸ファイラーClassicのアドレスバーでできるものは、知られているもの秀丸ファイラーClassicとして独自に解釈しているということになります。

一般的に、環境に依存せずに表現する場合は、環境変数を使う方法があります。
環境変数は「%USERPROFILE%」といったようなパーセントで囲って書きます。
例えばすべてのユーザーのスタートアップは以下のようになります。
%PROGRAMDATA%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\StartUp
環境変数はコマンドプロンプトで「set」と入力するとだいたいわかります。
環境変数の展開をサポートしている場所やアプリであれば、共通の表現で書くことができます。
[ ]
RE:06998 コマンドラインパラメータでの「shell:」から始まるフNo.07003
さん 18/01/05 18:40 [ コメントを投稿する ]
   こんにちは、お世話になります。

 「shell:」は、エクスプローラ特有のものだったんですね。
 まったく知らなかったので、教えていただき、ありがとうございます。

 また、環境変数についてもありがとうございます。
 いろいろ試してみたいと思います。

 ありがとうございました。
 今後ともよろしくお願いいたします。
[ ]

[ 新規に投稿する ]