[ 新規に投稿する ]

多国語対応→ユニコード のデフォルトフォントNo.02651
石田 さん 17/12/15 16:18 [ コメントを投稿する ]
  秀丸メールの 上級者向け→多国語対応→ユニコード のデフォルトフォントは、欧文系になっていると思いますが、これを日本語も通るMSゴシックやメイリオ等に変更した方が、使い易くなるのではないでしょうか。

最近、JIS第三水準漢字を使ったメールを受信する機会が増えました。最初、何故文字化けしているのか分からなかったのですが、文字コード:日本語にして、秀丸エディタ(シフトJIS)にコピーして、第三水準漢字が文中にあるのを知りました。
「機種依存文字は使わない」というマナーが通用しない時代なのかも知れません。日本語も通るフォントがデフォルトになっていれば、新規利用者には便利だと思います。
[ ]
RE:02651 多国語対応→ユニコード のデフォルトフォントNo.02652
秀まるお2 さん 17/12/15 17:15 [ コメントを投稿する ]
   そこのフォントは昔のバージョンだとTahomaになってたんですが、現在は「MS ゴシック」が標準になってます。

 昔のTahomaの設定の時にインストールして設定を引き継いでいると、今もTahomaになってしまってると思うんですが、この設定を勝手に変更してしまうのは良くないかなぁと思ったりします。

 新規インストールすれば、MSゴシックになり、「リセット」ボタンを押してもそうなります。

> 「機種依存文字は使わない」というマナーが通用しない時代なのかも知れません。日本語も通るフォントがデフォルトになっていれば、新規利用者には便利だと思います。

 機種依存文字については、文字コードがユニコードであれば問題無いようです。なので、本当は標準の文字コードをユニコードにしてしまいたい所でもあります。実際、最近のスマホのメールは全部ユニコードだし、Windows10のメールアプリとかもユニコードだと思います。文字コードの指定みたいな設定すら存在しないです。

 時代に合わせていろいろ仕様変更したい所ではありますが、バージョンアップして設定とか見た目が変わるのも、あんまり派手には出来ないです。

---------------
 最近追加した「全般的な設定・メール表示」の「折り返しなし」もお勧めです。

 ユニコードを標準にして文字コードなんて概念を無くしてしまうのも、今後の課題ではあります。
[ ]

[ 新規に投稿する ]