[ 新規に投稿する ]

テンプレートを切り替えの引用文No.02570
ひろ坊 さん 17/12/07 11:13 [ コメントを投稿する ]
  いつの頃からかテンプレートを切り替えた場合の引用文がおかしなことになってしまいました。どこか設定をいじってなってしまったような気がするのですが、どこを戻せばいいのか分からなくなってしまいました。

テンプレートAを使って

-----------
本文A
-----------
-----------
署名A
-----------
-----------
引用A
-----------

という引用メールを作成した後に
「テンプレートの切り替え」で、テンプレートBにすると

-----------
本文B
-----------
-----------
署名B
-----------
-----------
引用A
-----------
-----------
引用B
-----------


テンプレートは以下の書式で、書き出しのAやBが変わり、
関連づけられた署名もAとBになります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Aの○○です。
$c

$i

-----Original Message-----
Subject: $(RootHeader,Subject)$z
   Date: $(FormatDate,$(RootHeader,Date),"YYYY/MM/DD(EW) hh:mm")$z
   From: $(RootHeader, From)$z
     To: $(RootHeader, To)$z
$(IfEqual,$(RootHeader,Cc), "", "", "     Cc: " +$(RootHeader,Cc))

$(DontOrikaeshi,$(QuotedRootBody))
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ちなみにテストで署名と引用のないテンプレートCを作成すると

-----------
本文C
-----------
-----------
署名A
-----------
-----------
引用A
-----------

になります。

秀丸メールV6.75(64bit)
Windows10

宜しくお願いします。
[ ]
RE:02570 テンプレートを切り替えの引用文No.02574
秀まるお2 さん 17/12/07 14:32 [ コメントを投稿する ]
   こちらの最新β(V6.76β18)で再現テストしたら、簡単に再現できました。

 テンプレートに署名を関連づけするとうまくいかないようです。署名が無ければうまく切り替わります。

 あと、切り返した後のメールの一番最後にCtrl-L制御文字が出てくるようです。これも明らかにおかしいというか、バグに違いないと思います。

 なんとか原因を探してみます。少々お待ちください。
[ ]
RE:02574 テンプレートを切り替えの引用文No.02581
ひろ坊 さん 17/12/07 18:46 [ コメントを投稿する ]
  そういえば元々は、テンプレート内に直接署名を書いていたような気がします。
署名が同じで、異なる文面のテンプレートを作る際に、
署名部分を$iへ修正して連動させるようにしたのを思い出しました。
修正されるまで、テンプレート内に直接署名を書くにようします。
よろしくお願いします。
[ ]
RE:02581 テンプレートを切り替えの引用文No.02592
秀まるお2 さん 17/12/08 13:59 [ コメントを投稿する ]
   先ほど修正版をアップロードしました。

 良かったらインストール&確認お願いします。

32bit版:
http://hide.maruo.co.jp/software/bin3/hmmail676b19_signed.exe

64bit版:
http://hide.maruo.co.jp/software/bin3/hmmail676b19_x64_signed.exe
[ ]
RE:02592 テンプレートを切り替えの引用文No.02603
ひろ坊 さん 17/12/08 19:00 [ コメントを投稿する ]
  秀丸メール(64bit) Version 6.76β19でテンプレートの切り替えをすると、
「bad_module_infoは動作を停止しました」
とエラーが出て、秀丸メール本体ごと終了してしまいます。

お伝えすべき情報があれば、ご指示下さい。
[ ]
RE:02603 テンプレートを切り替えの引用文No.02604
秀まるお2 さん 17/12/08 22:16 [ コメントを投稿する ]
   一応、こちらではうまく動いてるようだし、仮にバグがあって保護違反が出たりするにしても、

    「bad_module_infoは動作を停止しました」

 のようなエラーは今まで見たことがなくて、果たしてそのエラーがどういう理由で出てるのか、ちょっと分からないです。

 ネット検索すると、とあるゲームソフトにてそういうエラーが出る例はあるようですけども。

 困りました。

 とりあえず、Windows10になってからWindows Updateが裏で動いてるせいで動作が不安定な話がたまに届くので、一度Windows Updateが落ち着いた所で再起動して試していただくか、それでもダメでしたら、秀丸メールの最新βをもう一回ダウンロードしておしてインストールしなおしてどうか試すって作戦でどうでしょうか。
[ ]
RE:02604 テンプレートを切り替えの引用文No.02606
秀まるお2 さん 17/12/08 22:34 [ コメントを投稿する ]
   一応、テンプレート切り替えのこの辺の処理について、明日ソースコードを見直してバグが無いか確認してみます。

 あと他に確認してただくとしたら、とりあえず「$i」を使ってないテンプレート同士で切り替えてどうか試していただく手があります。今回の修正点は「$i」を使った場合の処理だけなので、それと関係ない所は以前と同じ処理のはずになります。

 「$i」を使ったテンプレートに限っておかしいなら、やっぱり今回のβ版で何か余計なバグを入れてしまったのかなぁという気がします。
[ ]
RE:02606 テンプレートを切り替えの引用文No.02607
ひろ坊 さん 17/12/08 23:49 [ コメントを投稿する ]
  秀丸メール(64bit) Version 6.76β19を再インストールしたら、
「秀丸メールは動作を停止しました」にエラーが変わりました。
でもまれに「bad_module_infoは動作を停止しました」になります。

「$i」を使ったテンプレートへ切り替えると、落ちてしまうようです。
「$i」を使っていなければ、落ちません。

ただし、アカウントに標準テンプレート(A)を指定して、「$i」を使っていると、
「$i」を使っていないテンプレートBの最後に、Aの署名が残ります。つまり

-----------
本文B
-----------
-----------
引用B
-----------
-----------
署名A
-----------

みたいな形になります。
宜しくお願いします。
[ ]
RE:02607 テンプレートを切り替えの引用文No.02608
秀まるお2 さん 17/12/09 10:47 [ コメントを投稿する ]
   テストして原因が分かりました。テンプレート切り替えに伴って切り替わる署名の文字数が同じだと再現しなくて、異なる文字数だと、何回かテンプレート切り替えを繰り返すことで再現しました。

 簡単な署名でテストしてたので気づきませんでした。大変失礼しました。

 あと、エラートラップ出来ずに変な落ち方をしてしまう理由も分かったので、それについても今後同じような落ち方をしないように(dump.txtを出力するように)出来る範囲で修正しました。

 さらには・・・「$c」でカーソル位置指定したのがテンプレート切り替え時にうまく効かなかったり位置がおかしかったりするようで、これも直しました。

32bit版:
http://hide.maruo.co.jp/software/bin3/hmmail676b20_signed.exe

64bit版:
http://hide.maruo.co.jp/software/bin3/hmmail676b20_x64_signed.exe

 お手数かけてすみませんが今後こそ大丈夫なはずということで、よろしくお願いします。
[ ]
RE:02608 テンプレートを切り替えの引用文No.02610
秀まるお2 さん 17/12/09 10:55 [ コメントを投稿する ]
  >  今後こそ大丈夫なはずということで

 「今度こそ」の間違いでした。
[ ]
RE:02610 テンプレートを切り替えの引用文No.02611
ひろ坊 さん 17/12/09 15:30 [ コメントを投稿する ]
  お休みのところ、ありがとうございます。
「$i」を使ったテンプレートでも落ちなくなりました。
「$i」ありテンプレートから、「$i」なしテンプレートに切り替えると、
切り替え前の「$i」に関連づけた署名が、必ず最後に挿入されます。
「$i」ありテンプレートへの切り替えでは、挿入されません。

----------------------------
テンプレートA(「$i」あり)
----------------------------
----------------------------
署名A
----------------------------
   ↓
----------------------------
テンプレートB(「$i」なし)
----------------------------
----------------------------
署名A ←不要
----------------------------

急ぎませんので、またご確認をお願いします。
[ ]
RE:02611 テンプレートを切り替えの引用文No.02612
秀まるお2 さん 17/12/09 16:27 [ コメントを投稿する ]
   これは、現状仕様になってしまいます。

 テンプレートでの「連動させる署名」を「(なし)」にした場合、それはあくまで「連動させる物は無い」という意味で、「署名なし」を指示してる訳じゃないです。なので、テンプレートを切り替えても署名はそのままキープされることになってしまいます。

 例えばテンプレートからは署名を一切連動させないとして、「返信メール」を実行した後にユーザーさんが意図して何か署名を指定したとします。その後テンプレートを切り替えて署名が消えてしまったら、それはそれでバグじゃないかと言われてしまいます。

 仕様としてなんとかするとしたら、「連動させる署名」に「(署名なし)」を別途用意してやるしか無いと思います。

 そういう指定も出来るようにってことで、一回トライしてみます。
[ ]
RE:02612 テンプレートを切り替えの引用文No.02613
ひろ坊 さん 17/12/09 23:38 [ コメントを投稿する ]
  なるほど。「$i」を「署名の挿入位置の指定」ではなく、「署名に置換」だと勝手に勘違いしていました。「連動させる署名」を「(なし)」にして、テンプレートに「$i」を書いて、仕様を理解しました。署名を引き継いで、「$i」の位置に挿入してくれる機能なのですね。

思っていた動作は、自分で空の「署名なし」の署名を作って指定することで、実現できました。元々、テンプレート内に直接署名を書くか、全てのテンプレートで「$i」で署名を指定するかで使用しているため、普段はあまりしない操作で、お手数をおかけしました。最初から「(署名なし)」を指定できるように用意するのは親切かもしれませんが、需要もないかもしれません。

この度はありがとうございました。
[ ]
RE:02613 テンプレートを切り替えの引用文No.02615
秀まるお2 さん 17/12/11 09:00 [ コメントを投稿する ]
   中身が空っぽの署名を作ってそれと連動させるというアイデアは僕には思いつきませんでした。たしかにそれで大丈夫でした。

 実はあれから、連動させる署名の一覧に、

    ("署名なし"と連動)

 って項目を追加する作戦でうまく解決できるようにした所でした。せっかく追加してしまったし、こういうのもあった方が仕様の分かりにくさも回避できると思うので、追加することにします。(次のβ版か、また次が正式版の場合はそのバージョンで)
[ ]

[ 新規に投稿する ]