[ 新規に投稿する ]

V6.76β13No.02368
秀まるお2 さん 17/11/01 13:48 [ コメントを投稿する ]
   連絡いただいたバグ修正をしてV6.76β13をアップロードしました。

32bit版:
http://hide.maruo.co.jp/software/bin3/hmmail676b13_signed.exe

64bit版:
http://hide.maruo.co.jp/software/bin3/hmmail676b13_x64_signed.exe

 フォルダ毎設定の中のメール振り分け設定ページに、X-TuruKame-IMAP-Folder:を使った振り分け項目も表示するようにしました。(これは簡単に実現できた)

 よろしくお願いします。
[ ]
RE:02368 V6.76β13  折り返しについてNo.02377
usagi6502 さん 17/11/02 10:07 [ コメントを投稿する ]
  お世話になります。


> 連絡いただいたバグ修正をしてV6.76β13をアップロードしました。

 折り返しの件ですが、現在”折り返ししない”を有効にて
 使用し、新規メール作成の場合は、長い行はウィンドウ幅
 で折り返されています。

 ただ、送信済みメールを”草稿に保存”を実行し、メール
 を編集する場合は、なぜか72桁で折り返されます。

 これは仕様でしょうか?
 あるいは、こちらの設定が悪い場合、ご指摘いただけると
 助かります。

 
usagi6502

[ ]
RE:02377 V6.76β13  折り返しについてNo.02378
秀まるお2 さん 17/11/02 11:18 [ コメントを投稿する ]
   こちらで簡単にテストしてみた限りは「72桁で折り返し」が勝手にONになることは無さそうで、何か条件があるのかなぁと思います。

 こちらでやったテストは、

 1.送信済みフォルダのメールを適当に1つ開く。(72桁で折り返しはOFFのメール)
 2.「ファイル - 草稿に保存」を実行する。警告にOKする。
 3.ウィンドウを閉じて、草稿フォルダのメールを選択して、Enterキーで開く。
 4.「72桁で折り返し」はOFFになってて、普通にウィンドウ幅で折り返されてる様子。

 もう1つのテストは、

 1.送信済みフォルダのメールを適当に1つ開く。(72桁で折り返しはOFFのメール)
 2.「設定 - 編集を許可する」を実行して、適当にメールを書き換える。
 3.「ファイル - 草稿に保存」を実行すると、保存先を聞いてくるので、
   「草稿フォルダに保存」を選択する。
 4.以下同じ。

 ですが大丈夫そうです。

 何か再現手順が違うとしたら、そのやり方教えて欲しいです。

 何か設定が関係するとしたら、テンプレート命令で「SwitchOrikaeshi」または「SetOrikaeshi」を使ってる可能性があるかどうかと、あと、何か自動起動する用のマクロでSwitchOrikaeshi命令を使ってるか、辺りがあるかなぁと思います。

 自動起動する用のマクロとしては、「未送信メールを開いた時」のマクロとかでSwitchOrikaeshiしてればありえそうな気がします。

 全般的な設定には思い当たるような設定は無いように思います。「全般的な設定・メール表示・詳細(その他)」の「メールをエディタで開いた時に編集を許可する - 送信済みメール」をONにしても大丈夫そうです。

 SwitchOrikaeshi関係のテンプレート命令もマクロも使ってないようでしたら、とりあえずdump.txtに自動折り返しのON/OFF書き換え関係のログを出すようにして、ログを取ってもらう作戦をお願いするしか無いかなぁと思います。
[ ]
RE:02378 V6.76β13  折り返しについてNo.02379
秀まるお2 さん 17/11/02 11:40 [ コメントを投稿する ]
   「ファイル - 草稿に保存」とした直後に秀丸メール本体ウィンドウ上で対象メールを選択し、「表示」メニューをプルダウンした時に、「72桁で折り返し」にチェックマークが入ってるかどうか確認いただくと、解決のヒントになるかなぁと思います。

 もしその段階で「72桁で折り返し」がONになってるなら、草稿フォルダに保存した瞬間にもうおかしくなってることになります。

 そのタイミングではOFFだとすると、そのメールをもう一度エディタで開いた直後に書き換わってるのかなぁと思います。その辺テストしてみて欲しいです。

 あと、dump.txtを取っていただくと、例えば「72桁で折り返し」のコマンドがエディタ・ウィンドウ上で実行されると、「EditorCmd 40090」のようなログが出ます。マクロでSwitchOrikaeshi関数呼び出しした場合だと、

11:39:40.485 (11673) tid=6004 EditorWnd:TKINFO 12
11:39:40.485 (8303) tid=6004 tkinfo 12
11:39:40.485 (15606) tid=6004 EditorCmd 40090

 みたいな記録が出るようです。
[ ]
RE:02379 V6.76β13  折り返しについてNo.02380
usagi6502 さん 17/11/02 12:34 [ コメントを投稿する ]
  お世話になります。

ご確認ありがとうございます。
ご教示いただいた内容にトライしてみます。




usagi6502


[ ]
RE:02380 V6.76β13  折り返しについてNo.02381
usagi6502 さん 17/11/02 12:52 [ コメントを投稿する ]
  >お世話になります。

ご指摘いただいた内容を確認しました。

送信済みメールを「表示」メニューみた時に「72桁で折り返し」に
にチェックマークがはいっていました。
送信済みメールに折り返しの状態を保持しているとは気が付きません
でした。

このメールを”草稿に保存”して編集する時も、表示メニューの
「72桁で折り返し」にチェックがはいっていましたので、72桁で
折り返されるわけでした。

お騒がせし申し訳ありませんでいた。


これからは、メールごとに表示の設定に注意しながら作成することに
します。


usagi6502

[ ]
RE:02381 V6.76β13  折り返しについてNo.02382
usagi6502 さん 17/11/02 13:02 [ コメントを投稿する ]
  お世話になります。


補足ですが、送信済みメールの表示メニューの「72桁で折り返し」の
チェックを外そうとすると、

”切り換えはできません、今すぐ編集を許可にしますか?”

とワーニングが表示されますが、メールのプロパティの「自動折り返し」
のチェックはワーニングもなしに外せるようでした。

取り急ぎ。


usagi6502

[ ]
RE:02382 V6.76β13  折り返しについてNo.02383
秀まるお2 さん 17/11/02 14:51 [ コメントを投稿する ]
   メールのプロパティでフラグを書き換える場合は警告出ないですが、たぶんそこであえてフラグを書き換える人はかなりの詳しいユーザーさんだと思うので、別にいいと思います。むしろ余計なメッセージになると思うので。
[ ]
RE:02382 V6.76β13  折り返しについてNo.02449
秀まるお2 さん 17/11/08 17:15 [ コメントを投稿する ]
   今さらですが、メールのプロパティから「自動折り返し」をON/OFFした後にメール内容の表示が更新されず、折り返し具合が変化しないバグがありました。それは修正させていただきます。
[ ]

[ 新規に投稿する ]