[ 新規に投稿する ]

Apple MailNo.02219
AAF さん 17/10/13 10:58 [ コメントを投稿する ]
  お世話になっています。

最近使い始めたのですが、相手がApple Mail(Apple Mail (2.1510))で送信してきた場合、本文や署名のどちらかが化けたり、一部が表示されないことがあります。

具体的には下記(末尾)のようなフォーマットのメールです。

ほかに、Apple MailやiPad Mailからのメールで画像がインラインで埋め込まれていることがありますが、本文中に埋め込み表示は可能ですか?
画像だけで送ってこられる方もあり、本文的に表示されていないと見落とすことがあるもので...(^^;

ご対応いただければ幸いです。


ヘッダ

--Apple-Mail=_3E64BC2E-0442-4C29-86B6-04E9EAB2BD78
Content-Transfer-Encoding: quoted-printable
Content-Type: text/plain;
 charset=iso-2022-jp

《本文》

--Apple-Mail=_3E64BC2E-0442-4C29-86B6-04E9EAB2BD78
Content-Type: multipart/mixed;
 boundary="Apple-Mail=_30F52C9F-871D-45CB-A118-339F42C2DEB2"


--Apple-Mail=_30F52C9F-871D-45CB-A118-339F42C2DEB2
Content-Transfer-Encoding: 7bit
Content-Type: text/html;
 charset=iso-2022-jp

《HTML署名》


--Apple-Mail=_30F52C9F-871D-45CB-A118-339F42C2DEB2
Content-Disposition: inline;
 filename*=iso-2022-jp''hogehoge.pdf
Content-Type: application/pdf;
 x-unix-mode=0644;
 name="=?iso-2022-jp?B?GyRCOTtANUYjRE0bKEIyMDE3MTAwNS5wZGY=?="
Content-Transfer-Encoding: base64


《添付ファイル》


[ ]
RE:02219 Apple MailNo.02221
秀まるお2 さん 17/10/13 13:53 [ コメントを投稿する ]
   たぶんですが、そのメールがHTMLメールであるがために、秀丸メールで見た時
と他のメールソフト(またはスマホ上とか)で見た時とが違うってことなんじゃ
ないかと思います。

 連絡いただいたその「Content-Type: multipart/mixed」とかは、たしかに
HTMLメールであることを表してるので、とりあえずそういうことだとして話をさ
せていただきますと・・・

 まず、HTMLメールをHTML形式として見るための方法として、秀丸メールの標準
の方法として、

  − HTMLメールを選択した時に、メール本文の右側の添付ファイル用の枠
    の中に、「HTMLメール」のアイコンが出てくる。
  − そのアイコンをダブルクリックして、Webブラウザで開く。

 という方法があります。これで本来の形式で見られると思います。まずそれが
うまくいくかどうか1回確認してみて欲しいです。

 もしそれでうまくいくとして、さらに、こんな面倒な操作をしないくても簡単
にHTML形式で見たいとしたら・・・

 「HTMLメールViewer for 秀丸メール」っていうアドインがあるので、まずそ
れをインストールします。

    http://hide.maruo.co.jp/software/tkhtmlv.html

 これをインストールした上で、以下のように設定します。

 − メニューの中の「設定 - 全般的な設定...」コマンドを実行する。
 − 「メール表示」のページを選択する。
 − そこにある「HTMLメールViewerを使う」のチェックマークをONにした
   上で、さらに、「HTMLメールViewerの設定...」ボタンを押す。
 − 「特定条件のメールを自動でインライン表示する」のボタンがあるので
   それをONにした上で、さらに、

     迷惑メールフィルターが"safe"と判定している --> OFF
     イメージを含む                             --> OFF
     フレームタグを含まない                     --> ON
     ActiveX等のプログラムを含まない            --> ON

    としてOKする。

 とします。それで以後は、メールを選択しただけでHTML形式で表示されるよう
になります。

 それでどうでしょうか。
[ ]
RE:02221 Apple MailNo.02225
AAF さん 17/10/14 21:34 [ コメントを投稿する ]
  コメントありがとうございます。

ご教示いただいた方法は、一通り試しておりまして、HTMLビューアを使う設定にしていると結果報告のような状態になります。

テキストのみにしていると今回のバージョンでは正常に表示されるようです。(前のバージョンでは本文が省略されていました)

前のバージョンでは、本文が省略され、今回のバージョンでは、署名が文字化けしてHTML変換されているようです。

Apple MailはOSX標準なので、大学・研究機関・DTP関係で使う人が多いのですが、独自仕様が多く、今回のように本文が省略されていたり文字化けしたりすることが多くかなりやっかいだなあと思っています。(--;

添付がおそらくinline扱いになっているためかと個人的には思っていますが...

今回は、テキスト-HTML-添付 のmixedですが、たまに本文がrtfのみになっていたり(!)します(この場合も他のメーラーでは本文なしになったりします)。これは添付rtf-引用部分のtext(base64で添付扱い) というメールでした。

Outlookのwinmail.datメールの直接変換・表示なども含めややこしいメーラーへのご対応を気長にお待ちしております〜
[ ]
RE:02225 Apple MailNo.02226
AAF さん 17/10/14 21:39 [ コメントを投稿する ]
  補足ですが、普通のHTMLメールだと、text/plainとtext/htmlの内容を同じにしていることが多いですが、Apple Mailだと、text/plainとtext/htmlを並列扱いで送信することがあるようです。

つまり、text/plainの部分がtext/htmlの代わりとして存在するのではなく、一続きの文章として、multipartされているみたいです。


>コメントありがとうございます。
≪全文引用されていたのでコミュニテックス会議室システムが引用部分を省略処理しました。≫
>Outlookのwinmail.datメールの直接変換・表示なども含めややこしいメーラーへのご対応を気長にお待ちしております〜
[ ]
RE:02226 Apple MailNo.02233
秀まるお2 さん 17/10/16 10:18 [ コメントを投稿する ]
   text/plainとtext/htmlのディアルパートのメールの場合、秀丸メールの動作
として、

 A.text/plainパートをそのまま本文扱いする。
 B.text/htmlパートから独自にplainテキスト相当を生成してそれを本文
   扱いする。

 の2種類の動作がありまして、たぶん、秀丸メールの以前のバージョンでは
「A」の動作になってたのが、最近のバージョンに入れ替えたことで「B」の動
作になったんじゃないかと思います。

 この動作についてのオプションは、「全般的な設定・上級者向け・デコード」
の所にありまして、標準の動作は、

  □信頼できないtext/plainパートは無視する

 がONになってます。結果、メールによって「A」か「B」かどっちか判定する
ロジックが働きます。そのロジックが最近のバージョンでいろいろ改良されてま
す。

 とりあえず最新版に入れ替えていただいたことでその辺良くなったのかなぁと
思います。

> Outlookのwinmail.datメールの直接変換・表示なども含めややこしいメーラーへのご
> 対応を気長にお待ちしております〜

 winmail.dat対応の機能は一応あります。「全般的な設定・上級者向け・
デコード・添付ファイル」の中に、

  □ Winmail.datから添付ファイルを自動抽出する

 ってオプションがあります。それをONにした上で、さらにWinmail Openerをイ
ンストールすれば、うまく見られるようになります。詳しくはそちらのヘルプを
参照お願いします。

 Winmail Opener無しで対応するのは技術的に無理があるので、とりあえず上記
の方法で使っていただくしか無いです。
[ ]

[ 新規に投稿する ]