[ 新規に投稿する ]

ストアアプリ版でのATOKの振る舞いNo.36328
ねこねこ_ さん 18/02/08 07:40 [ コメントを投稿する ]
  ねこねこ_です。いつもお世話になります。
現在、Windows 10 pro 64bit 1709 ビルド 16299.214 です。

もしかしたら既に出た質問かも知れませんが、デスクトップ版 Ver.8.79β8 64bit 版では、ATOK に単語登録を新たにしてもきちんと変換されます。

ところがストアアプリ版 Ver.8.77 32bit では、ATOK に新規登録した単語が出て来なくなり、仕方なく MS-IME を使うことが多いです。

これはもしかして、ストアアプリ版が Windows 10 の支配下にあるため、他の Windows 10 アプリと同様に MS-IME しか受け付けないという仕様のせいでしょうか。

ストアアプリ版を使うことが日常茶飯時になって、あれれと思って、仕方なく MS-IME に切り替えたり、同時起動しているデスクトップ版へ描いてる文章をコピーしたりして何とかしのいでいますけど。

設定で何か対処できればうれしいです。仕様なら今のやり方を続けるしかないですね。
[ ]
RE:36328 ストアアプリ版でのATOKの振る舞いNo.36329
秀丸担当 さん 18/02/08 10:31 [ コメントを投稿する ]
  秀丸エディタ(ストアアプリ版)は、Windows 10 Anniversary Update 以降の、デスクトップアプリをストアアプリとして動作させる仕組みを使っています。(Microsoftの用語ではDesktop Bridge や Project Centennialと呼ばれます)
いわゆる一般的なモダンアプリ、UWPとは違っています。
Photoshop ElementsやEvernoteのストアアプリ版も同じで、Windowsの仕組みそのものに関わることのため、秀丸エディタとしてなんとかすることは難しいです。申し訳ありません。

現状でなんとかする方法としては、最初にATOKを使用した時点でその情報は隔離された領域に保存されるので、いったん秀丸エディタ(ストアアプリ版)をアンインストールしてから、改めてインストールすると、その時点の単語登録の情報は引き継がれるようです。
現時点のATOK Ver 31.0の体験版を入れてみたところではそうなっているようでした。

その操作をされる場合、秀丸エディタの設定は消えてしまうので、[その他]→[設定内容の保存/復元...]でファイルに保存しておくと、あとから復元できます。
ご購入いただいている場合、ライセンスの情報はMicrosoftストアにあるので、同じMicrosoftアカウントであれば何度でも購入済状態にできます。

もしかしたら、今後のATOKの対応があれば、ストアアプリ版においてもできるようになるかもしれません。

[ ]
RE:36329 ストアアプリ版でのATOKの振る舞いNo.36333
ねこねこ_ さん 18/02/08 16:52 [ コメントを投稿する ]
  秀丸担当さま、お返事をありがとうございました。

>Microsoftの用語ではDesktop Bridge や Project Centennialと呼ばれます

やはりそうでしたか。とりあえず、一度アンインストールして、もう一度ストアアプリ版をインストールしてみます。

ただ、ATOK 自体に不満もありますので、もしかすると ATOK 自体をアンインストールすることになるかも知れません。ありがとうございました。

[ ]
RE:36333 ストアアプリ版でのATOKの振る舞いNo.36335
ねこねこ_ さん 18/02/08 17:29 [ コメントを投稿する ]
  ねこねこ_です。秀丸担当さま。指示の通りに操作してみて、シャットダウンして起動し直してみると、うまく行きました。 \(^o^)/

ただ、単語登録するたびにこの作業となると、やはり使い慣れた ATOK にはそろそろお別れを告げないといけないかも知れませんね。

MS-IME が「仕事に使えない」のが一番しゃくです。ATOK 側の仕様と言えば仕様ですが、Windows 10 ではデスクトップアプリでしか使えないのは不便ですね。

とりあえず、仕事で使う場合は従来のデスクトップ版ということにします。それから、Ver.8.79 β9 64bit には現在問題は起きてません。

大雪の中、ご丁寧なサポートをして頂き、非常に助かっております。
[ ]

[ 新規に投稿する ]